自動車保険 更新

更新の連絡が来たら、他社からも見積もりもとってみよう!

補償内容のチェックをするだけでも、保険料を安く抑えることができますが、それ以上に安くするテクニックがあります。

 

それは見積もり依頼です。今は同じ補償内容でも、保険会社によって保険料が異なりますので、見積もりを取ってみることをおすすめします。

 

どこもそんなに変わらないでしょと思っている人は、その結果に驚くことになります。特に通販型自動車保険の保険料は格段に安くなっています

 

何社もの見積もりを比較して、一番安いところで加入したいという人は、個別で見積もりを依頼するのではなく、一括して見積もりを依頼することができる自動車保険一括見積もりサイトを利用することをおすすめします。

 

このサイトは、必要事項の入力はたった一度で済みますので、何度も入力する手間を省くことができます。
最大21社からの見積もりを取得することができますので、自分にとって一番安い自動車保険に巡り合えること請け合いです。

 

もうすぐ更新という連絡が来たら、保険料を安くするチャンス!と思って、一括見積もりサイトで、自分の保険料をチェックしてみましょう。
想定外の金額が浮いて、お小遣いアップも夢じゃないかも!?

▼ここから簡単に各保険会社の見積もりを見てみる▼

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり

 

 

 

《一括見積に参加している保険会社》

自動車保険の更新、ちゃんと補償内容をチェックしていますか?

「もう少しで自動車保険の更新です」

 

こんなハガキや電話が来ませんか?

 

もう、そんな時期なのねと呑気に受け流している人が多いのではないでしょうか。
1年って早いわね、なんて思う方もいるでしょう。

 

そういう人たちは、大きなチャンスを逃しているのです。
何のチャンスかというと自動車保険の更新の連絡が来た時こそ、保険料を安くするチャンスです。

 

自動車保険は多くの方が1年更新で契約をしています。
ですので毎年、契約満了の、1〜2カ月前になると更新していいですか?というお伺いが来るのです。

 

本当はその時に、補償内容を見直したりしなくてはならないのですが、特に気にすることなく流してしまうという人が多いのです。

 

更新の時に、運転者の年齢条件を見直したり、または車が古くなったから車両保険を削ったりという作業をすれば、保険料を安くすることが出来ます

 

ですので、自動車保険の更新のお知らせが来たら、しっかりと自分の補償内容をチェックしましょう。

 

特に注意するポイントは、車両保険と年齢条件、運転者限定のチェックです。
また他の保険と補償がかぶりがちな弁護士特約や個人賠償責任保険も見直しましょう。

 

▼ここから各保険会社の評判と見積もりを見てみる▼